探偵の選び方と依頼費の相場

最近、探偵、または興信所という職業は、ドラマ、アニメで見ない日はないぐらいポピュラーなものになりつつあるように思えます。
有名なところでは「総合探偵社日本データバンク株式会社」が全国展開していることで知られ、評判もいいと聞きます。
では、何をもって「いい」と判断しているのでしょうか?
具体的に、いざ自分が探偵社に依頼すべき事案が発生した場合、どのようにして選ぶのか、相場はいくらぐらいなのか?を踏まえながら、実際に探偵社へ依頼する時にどんなことを契約前に確認すべきか、をまとめてみました。
もちろん、これが全てではありませんので、あくまで参考としてご覧下さいね(^^)

1.探偵はどんなことを業務として請け負っているのか?
「調査」
・素行の調査
・浮気の調査
・家出人調査
・債権者調査
・裁判の証拠調査
・ストーカー調査、対策
・過去の調査
・盗聴器の確認調査(よくテレビでもやってますよね、これ・・)
等々があります。
ここに自分で記載しただけでも、探偵って何でも出来てしまう気がします(^^;
そのほかにも「工作」を請け負ったりするケースもあるようですね。
例えば、「別れさせ工作」ですとか。。 すごいですね。。(^^;


2.探偵業務における相場は?(依頼費)
全てにおいて、調査対象者の情報量や、調査規模、調査員の数等によって変動するようです。
また、依頼する探偵社によっても変わる可能性がありますので、あくまでご参考までに・・
相場(依頼費)
素行調査@・・・対象者の勤務先を朝から張り込み、尾行等⇒5万円〜15万円ぐらい

素行調査A・・・張り込み、尾行、撮影による調査(機材、人員等で変動)⇒30万円〜70万円

ただし、冒頭に記載させていただきました通り、状況により変動がありますので、ケースによっては500万円ぐらい必要になってしまうことがあるようです。
後述しております「4.探偵へ依頼する時の準備」をご参考にしていただき、途中経過の金額によっては、調査内容の変更等の手続きを取られたほうがいいかもしれません。
何度も申し上げますが、それもできる探偵社とできない探偵社があるかと思いますので、ご確認を・・

浮気の調査・・・基本的に上限はなさそうです。。。50万円以上かかると考えられます

家出人調査・・・情報量、捜索期間によります。。。50万円〜500万円

裁判の証拠調査・・・50万円以上かかると考えられます

ストーカー調査、対策・・・40万円以上かかると考えられます

<参考>
別れさせ工作・・・200万円以上掛かると考えられます


3.探偵の選び方(確認事項)
見解が人によって変わりますので一概には言えませんが、
「実証データ(被害例)がないところ」に頼むのは、個人的にはNGのような気がします。
その場合は、他にもあたってみましょう(^^)

知っておきたい確認事項
目視すべき点
@契約内容の確認(曖昧ではないかどうか?)
A調査機材、事務所、従業員数、HP等がちゃんとあるか?
B料金は適正になっているか?
C届出はなされているのか? (届出制:2007年6月施行)

肌で感じるべき点
@営業が強引ではなかったか? 等々

4.探偵へ依頼する時の準備(質問するとスッキリします(^^))
トラブルのない探偵選びをするために・・
@調査の途中経過を教えてくれるのか?
A調査した証拠を見せてくれるのか?
B調査期間が長引きそうな場合は事前に連絡をもらえるのか?
C料金にはどのような項目が含まれているのか?(交通費等)
D追加請求されるとしたら、どのようなケースで追加請求が発生するのか?
E契約書類の作成はできるのか?
F成功報酬の概念と、失敗した場合の対処方法について
G契約後、キャンセルの対応はできるのか?

まだまだありますが、状況、立場、依頼内容によって様々だと思いますので臨機応変にご質問されることを推奨いたします。

探偵社は、各社各様で本当に様々です。
ここに掲げた項目が少しでもお役に立てたら幸いです。
あくまで、参考としていただき、自己責任でご対応いただけますようお願い致します。

最後までお付合いいただき、ありがとうございました(^^)
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。